Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com

 


6.給料20万ダウン!!


ハゲにハメられた、、、

月給だと17万だと言う事だ、、、総支給額でやで。
給料日に、それが解った、、、
あのハゲ…、殺したる、、、
取りあえず会長に報告しに行った、、、

N会長「せやし辞めとけて言うたやろ!」

オレ「殺さなアカンな、、、マジで」

N会長「せやけど、メカの酒井君らも19万やからな…」

オレ「マジか!?!、ほな言われへんやんけ、、、」

N会長「せやし辞めとけて言うたやろ!」

オレ「・・・・・・・・・・・」

今思えば、あの時「ビートル」を買ってたら、こんな事にはならなかったのだ、、、
アイツが悪いんや、、、アイツのせいや、、、あのボケ、、、
まあ、そんなん言うても始まらん、、、
まあ、これも運命や、、、
大藪晴彦の著書に、「運命に従うのも運命、運命に逆らうのも運命」とあった、、、
オレは、この運命に従ってみよう、、、イヤやけど、、、(苦笑)

でも、何人かのお客さんとお会いしているウチに、今まで会った事も無い人種が
沢山居る事に気付いた。
それも、中途半端な人では無い。一部上場会社の社長も顧客に居る。
今までの会社では、営業するのは経理担当者とか、総務担当者止まりだったのに、
いきなり社長クラスに営業出来るのだ!、、、これは非常に有り難い事だった。
やはり、どんな会社の社長でも、どこかに「光るモノ」があるのだ。
強烈な磁石の様に、もの凄い引力でその人に引き寄せられるのだ。
これらが無いと、会社のリーダーとして失格なのかも知れない。
そんなお客さんが数多く居る、、、これは吸収しないと損なのだ!!
そう言った意味では、この仕事に就いたのは正解だったのかも知れない。

オレが、この業界に入った「1988年」は、バブルの絶頂期だったし、
今は無くなってしまった「豪快な外車屋さん」とも、夜の街で大いに遊んだ。
会社員時代「スナック」「立ち飲み」「立ち食い」だったオレの生活が、
「ラウンジ」で晩御飯、「クラブ2〜3軒」で飲んで、「ナイト」で閉める、、、
ヒドイ時にはこんな生活でした。

自腹を切る事は全く無かった。全てサインで、会社請求でOKでした。
新地で、ウチのハゲ社長を知らぬ者は無く、たいがいのお店には連れて行かれた。
ハゲ社長が月に使う「飲み代」は、100万〜、多い時は200万円以上だったと思う、、、
オレ様も運転手として社長に同行し、そのまま何軒もハシゴするのです、、、
別に飲みに行くのは好きでは無かったが、新地で働くお客さんも沢山居ましたから、、、
それに、この社長ほどの「どスケベ」は、この地球上には存在しないと言う程の「超どスケベ」で「超有名」でしたので、有名店のカワイイ女の子の殆どには口座がありました。

気に入った女の子とネチネチ話してるハゲ社長に突然、
「じ、じぶん、もう帰ってもエエで」と言われる事は非常に多く、
仕方なしに、1人で本通りを歩いていると、、、

「あれ?、社長は?、今日は1人なの?、ん?、どうしたの?。」
「そう…、帰れって言われたの?、かわいそうな○×ちゃん…」
「じゃ、ウチで飲んで行ったらイイやん♪」
「私と飲もうよ!、ネ、イイでしょ?」
「社長には、私が言うといてあげるし…ねっ!」
「だいじょうぶよ♪、心配しないでネ♪」

ブルブルと震えるオレ様に、優しく声を掛けて下さるオネーさまも沢山いらっしゃいました。
オレ様は、態度はデカイが非常に気が弱いので、どうしても断る事が出来ずに…
イヤ、男やブスには滅法強いが、綺麗な女性には非常に弱いと言った方が正確な表現かも…で、仕方無く飲みに入り、伝票には社長のサインして、その上、、、
ダメだ、これ以上書けない、、(^^;;


オレは給料が少なかったので、そこで栄養を吸収していました。
今のオレ様がデカイのは、その頃の栄養が今も残っているからです。(ウソ)

まあ、そんな時代は、そう長くは続かないのですが…
倒産する「同業者」が増え出し、そんなゼニは使えない状態になってきました。

そして、、、オレ様は、もっともっと悲惨な世界に導かれる事になるのでした。(キャー!)


 
I Top I BACK I NEXT I