Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com

 


 4.感謝の初走行会 


 TIサーキット走行会に始めて参加させてもらいました。
その日の私は‘全身緊張’というのでしょうか、ただの‘緊張の塊’と化していました。10日位前からその兆候は現れていて、あと何日で走るんだ・・・と、一人緊張と不安に襲われていました。

何を思ってそんなに緊張していたかというと、、、

1. サーキットのコースというところが、勿論初めてで、未知の世界
  へ一人で踏み込んでいくような、想像がつかないものへの不安。

2. 周囲の車とどういう風に一緒に走ればいいのか、判らない。
 自分の動きのミスで、他人に大きな迷惑をかけるのではないか?
 という恐怖。

3. 誰も知り合いがいなくて、ヴェルディの皆さんの顔が少し判るくら
 いで、ただただ心細かった!。

 というようなことでした。こんな気持ちが体に充満していて、ずーっとカチカチでした。「好きで申し込んだんだけど、、、」と車の中でうずくまってたりしました。勿論、食事や飲み物も、のどを通りませんでした。
 
 その緊張が最高潮に達したのは、やはり1回目走行の直前で、人生で
最高に緊張した時でした。どうして人は、ストレスで‘みぞおち’が痛むのでしょうねえー?

 さて、いざ走り始めると、、、なんとかなりました(^_^;)
それは、アルファクラブの走行会に参加される皆さんの、初心者へのいた
わりによるところが大きいと思います。シフトチェンジミスなんかでモタモタしている時も、どっちに寄るべきか迷っている時も、避けつつ抜いていって下さるから…。

 「ああ、私でも何とかなったし、しかも楽しかった!」と、終わってからは、嬉しさいっぱいでした。ぐったりしてましたけど。

 しかし、何とか走れた喜びもさることながら、私が何より嬉しかった
のは、ヴェルディの方々が、出走前に一声かけて下さったり、他のドライバーさんが、話しかけたり、おちょくったり?して下さったことでした。心細さや緊張が、どれほど和らいだことか!!本当に、救われました。そして、皆さんへは勿論、ステキな皆さんに出会えた幸運へも、感謝していたのでした。

 というわけで、緊張&感謝の初走行でした。

 この場をおかりして、「有り難うございました!
 そして「これからもどうぞ宜しくお願い致します!



I BACK I INDEX I NEXT I