Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com




 10.ロメオくんの進化(1歩だけ)

サーキット走行会に参加しているとやっぱり、少しずつでも早く走れるようになりたいと思います。ただ、自分の元々のサーキット走行の目的は「安全で捕まらずに、ロメオくんのエンジンをまわすこと」だったし、お金が湧いてくるわけではないし、あまりむきにならないようにしています。「まずは、ノーマルのままでタイムを縮めていくこと」を、目標にしています。と、言いながら、初めてのTI走行から1年たった’99.11.23に、遂にロメオくんに手を加えてしまったのでした。なんて、シートはそのままで、シートベルトを4点式に換えたんですけど、大げさでしょうか?

さて、このロメオくんの進化の第一歩までには、ドライバーのわたくしも、ちいさな歩みを積んでいました。ここで一挙ご紹介しましょう。 

 初めてのTI 普段着にスニーカー、自転車用グローブ、兄のメット(ぶかぶか)
 3回目のTI それらしい新しいグローブをはめる。
 4回目のTI 走行会のジャンケン大会で勝ち取ったレーシングスーツを着る。
 初めての鈴鹿  新しいマイメット(ぴったり)になる。
 5回目のTI (ロメオくん4点式ベルトをつける=ロメオくんの1歩)

’歩み’って言わないですね。ごめんなさい!

そんなこんなで、1年目は、約10秒のタイム短縮となりました。初心者って、走る度にタイムが縮まるからHAPPYです。あとは、それらしいシューズが欲しい私です。今後はまた、このロメオくんでタイムが変わらなくなるまでは、いじらずにがんばりたい!と思っています。  
 
ところで、4点式シートベルトは良いです。シートがノーマルのままでも、コーナーで身体がずれていくのを随分と防いでくれます。4点式ベルトのお陰で、足で踏ん張る力やずれたおしりを戻す苦労が不要となり、楽になりました。きっと、タイム短縮にも貢献しているはずです。これを勧めて下さったヴェルディーさんに、またしても感謝したロメオくんの進化第1歩でした。


I BACK I INDEX I NEXT I