Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com

 


 1.ロメオ君との出逢い


 私は、アルファロメオと言うメーカーさえ知らなかったのに、突然156を購入しました。10年間、家のAT車を乗り回していましたが、遂に「自分の車を買おう」と思い立ったのです。。


 いきなり告白すると、直接のキッカケは失恋です(;o;)。寂しい気分を紛らわそうと、毎日自分の選んだ車で通勤する事に決めたのでした。


 車選びの基本はミーハーなもので、、、

  • 1.MT車(いつかはMTをマイカーにしたかった!)
  • 2.右ハンドル(MT車が初めてだったので、コチラは馴れている方で)
  • 3.Sportyだけどイカツク無い(私の思う”カッコイイ!”)
  • 4.あまり見かけない(人と違うのが何かと好き♪)
  • 5.2シーターでは無い(あまりに不便そう)
  • 6.できれば革シート(ただの憧れで・・・)
  • 7.400万円くらいまで(すっからかんになってもいい!)
  • 8.納車まで何ヶ月も待たなくて良いもの(衝動買いだから…) 

 以上の8点のみでした。

 
 今まで読んだ事も無い車雑誌をめくり、156V6に決めました。何処で買えばいいのかもわからず、正規ディーラーを調べて行き、初めて行って、本国のパンフレットだけ見て、予約開始前に予約してしまいました。


 その後 正式予約し、試乗して「この子は私のイタリア人の彼氏だ!」と、すっかりお気に入りになってしまいました。


  彼=ロメオ君を待つこと1ヶ月強、あのワクワクする気持ちは、一生忘れられません。心待ちにする間に、156が載っている雑誌を買い込み、スクーデリア・ヴェルディさんを発見しました。家のランクルでヴェルディを訪ね、いきなりこう言いました、、、


「私も156でサーキットで走ってみたいんですけど、許されますか?」


返事は・・・


「おお〜、かまへんど〜!、また来てえ〜なぁ〜!」


と大きな声で答えてくれました。 そう言って下さったのが酒井さんでした


 6月になって、ロメオ君とのハッピーライフが始まり、11月のTIサーキットでの走行会から参加させてもらっています。 乗り始めて1年、、、とにかくロメオ君が可愛くて仕方がありません。156のカタログのコピー通り、「意のままの走り」が楽しく、私は横からの姿をとても美しく思っています。


 ヴェルディで素敵な方々に会えた事も、ロメオ君のもたらしてくれた幸せだと思っています。


 まず、この車の第一の感想は?と聞かれれば、迷わずこう答えます。


「こんなに楽しい世界があったなんて!!」ですねっ♪。



 
I Top I NEXT I