Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com




「TIサーキット走行会」

 3月の鈴鹿に続いてヴェルディの走行会に出ることにした。今度の舞台は岡山県にあるTIサーキット英田。かつてF1の舞台にもなった、立派な国際コースである。前回、あまりのタイヤのヘボさに参ったので、今回はタイヤを新調する事にした。ただ、街乗りがメインだし、旧い車にあまりハイグリップなタイヤを履かせるとボディへの負担が気になるので、ある程度のグリップと排水性、乗り心地を兼ね備えたタイヤを狙うことにした。ミシュランやピレリなどの海外ブランドタイヤも捨てがたかったが、今回はタイヤ屋の奨めもあってBSレグノにした。値段は4本で4万円。185/70/R14サイズの街乗りタイヤにしては、ちょっと高め。

 走行会当日の天候は雨。TIを走るのは今回が初めてなので、前回に引き続きファミリー走行付きのスポーツ走行のクラスにした。排水性の高さも売りにしているレグノであれば、まあまあ走れるのかな?と淡い期待を抱いたが、結果は散々。濡れた路面では、ファミリー走行の超スローペースでも、不用意にアクセルを開けるとリアがズルズルっと滑り出す。スポーツ走行開始後、前にいた4〜5台は次々にスピンを繰り返し、いつの間にか先頭になってしまう。が、それも束の間、次の週の2コーナーで大きく滑り出したリアに対応しきれず、あきらめてあっさりスピン。後ろには友達連中が続いていたので、手を振りながら見送る。

 その後も何度かスピンしながら、走行を続けると、雨なので気温がそれほど高いわけでもないのに、水温は100度近くまで上昇する。また、ブレーキも程なくフェードの兆候を見せはじめる。
今後、やらなければいけないことは、かなりありそうである。




Back  Index  Next