Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com

 


「納車旅行」

 全開加速時の息つきは、予想通りキャブの調整で大体おさまった。頼んでいたカバーも届いて、納車も一段落したら、オープンカーには最高の季節になってた。そこで、会社は年に1度の長期休暇をとり、当時お付き合いのあった女の子を横にのせて、北海道へ納車旅行へ出かけた。本当なら女の子と2人で宿を転々とする北海道一周温泉旅行、としゃれこみたいところだったけど、スパイダー買ったばかりで財布がとても寂しかったので、江別(札幌の近く)に住む友人宅に転がり込み、ここを拠点にして毎日ツーリングに出かけることにした。ちなみに、前に乗ってたベレGは、この友人にあげたので、図らずも感動の再会となったのであった。

 舞鶴からフェリーに乗り、阪神大震災が20時間続くようなものすごい揺れを経験した後、小樽に着くと、その日はちょっと雨。初めての雨天走行で「雨漏り→助手席の女の子が怒り出す」という図式が頭をよぎったけど、張り替えたばかりの幌はしっかりしていて、小雨程度なら全然大丈夫。ほっと胸をなで下ろして、本場の札幌ラーメンを食べた。

 雨に降られたのは初日だけで、それから1週間はすごい良い天気。積丹へ寿司を食いに行ったり、富良野〜美瑛方面へツーリングに行ったり、山奥の温泉へ行く途中で野鹿に会ったり、函館の夜景を見に行ったり、そりゃあもう楽しかった。中でも美瑛の丘を抜けるワインディングは、コーナーをクリアするたびに一面の緑(牧草)に覆われた新しい景色が開け続き、スパイダーでここまで来て、ほんっとうに良かったと感じた。また、広い牧草地の真ん中にぽつんと立っている樹の陰での昼寝は、一生で一番気持ちの良い昼寝だった。


美瑛の丘にて


 ワインディングロードでは、結構回して乗ってたんだけど、前オーナーはあまり過激な運転をする人ではなかったのか、だんだんエンジン音が太くたくましい音に変わってきた。こうなってくると、車と仲良くなれたような気がして、嬉しくてたまらない。

 もちろん、写真もたくさん撮った。美瑛、富良野の素晴らしい景色の中で、小樽の煉瓦造り倉庫街の中で、日本海に面したドライブインの駐車場で。こういった場面で常に絵になる車に乗っているということは、彼女や嫁さんが絶世の美女であるのと同じぐらい幸せ。もちろん、女性も車も外見だけでなく中身も大切なんだけど、スパイダーはその走りもとても気持ちがよいので、言うこと無し。


小樽の煉瓦倉庫街にて 一緒に旅行した女の子と


 この旅行中、納車直後ということもあって、ある程度のトラブルは覚悟していたんだけど、実際にはほとんどノートラブル。オイルの消費が激しいことを発見して、ちょっとショックを受けた程度だった。一度シフトミスをして8000回転を越えちゃったけど、タコーメーターの針がピョコピョコしただけで特に問題なし。あっ、帰りの船を下りて高速道路に乗っているとき、スピードメーターから「ポキッ」と音がしたきり、動かなくなったんだっけ。走りには影響ないので、大した問題じゃないけど。

Back  Index  Next