Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com

 


TIサーキット走行会 その10 リベンジ!!

 金沢ツーリングで車の手応えを確かめ、あとはサーキットへ行ってベストを尽くすだけ。前日の夜は気合い入りすぎで眠れず、当日は30分寝坊した(爆)。
 いつもより準備の時間を多くとってTIに到着したつもりだったが、車の荷物を全部下ろして、レーシングスーツに着替えて、テーピングして、タイヤをSタイヤに履き替えて空気圧を調整して、クーリングファンを取り外して、エアクリを取って、プラグを交換して、ジェットも交換して、借り物のラップコンをセッティングすると、げっもう走行時間、、、、、あれ、奥野さん来てない〜(爆)。というわけで、走行枠を1つ後ろに変更してもらった。

 一緒に参加した155の二人と受付を済ませ、昼ご飯を食べる。食後しばらくして走行開始である。天気は上々、気温も良い感じに寒い。今回は借り物のラップコンを装着しての走行。ラップコンの使用は初めてだけど、これ、1週ごとに今自分がどれぐらいのタイムで周回したかがすぐに分かる優れもの。タイムが悪けりゃ気合いも入るし、良ければ嬉しいし、これかなり良いです。

 最初のうちは、タイヤを暖めるためにゆっくり周回する。3週ぐらい流して回った後、徐々にペースアップ、5秒台、4秒台、うんこれぐらいでこのタイムならいけるかも!?と思い始めたあたりから、おくのさんのスーパーが後ろにつく。どうやら抜く気はないらしく、後ろから僕の走り方をチェックしている様子。車載カメラとか積んでくれてたら最高やねんけどなあ、なんて思いながら、ぼちぼち本気で走り始めると2分1秒台を記録。ベスト更新に喜ぶが、今日の目標は2分0秒台、もう少し頑張らないといけない。気合いを入れて周回を重ねるが、気負いすぎてミスしたり、なかなか0秒台に突入できない。奥野さんの存在もちょっと気になるところ・・・・と思っていたら、奥野さんのスーパーはピットへ入っていった。あまり気にせずラップを続ける。このセットは恐らくあと4〜5週、頑張るぞー!!と回ってくると、、、、出た!!2分0秒8!!目標達成である。すっかり気を良くしてあとは楽しんで走ったが、そうするとタイムも0秒台を連発しながらちょっとずつ縮んでいく。最後はちょっと調子に乗りすぎてミスが出て、1秒台になってしまったが、これは間違いなく正式計時でも0秒代前半が出ているはず!!ああ、この喜びをどう表現したらいいんだろう?(笑)

 次のセットは、最初のセット終了の5分後。タイヤの空気圧がちょっと高かったので落とし、プラグをチェックすると若干やけ気味。MJ150/AJ210ではちょっと薄いのかもしれない。既に目標は達成したし、あわよくば0秒台突入というところまできているので、ここはギャンブル!!MJ155/AJ210で2本目の走行に望む、、、、、、と思ったらスターターが回らない!!急遽ヨコで休んでいた155の2人に押しがけを手伝ってもらい、なんとかコースイン。しかし、焦っていたのかいきなりスピン!!ここでエンストしてしまってはもともこもない、ということでスピンしながらクラッチを切ってエンジンを空ぶかし。こんな余裕があるなんて、我ながら成長したものである(笑)。とかなんとか思いながら走行を続けるとまたもやスピン(爆)。今度はグラベルにつかまってしまったが、そろそろとクラッチをミートすると、車はゆっくり動き出し、なんとかコースインすることが出来た。2回目のセットは途中でラップコンの配線が抜けてしまったのでタイムは表示されなかったが、メインジェットの番手を上げたことは、はたして吉と出るか凶と出るか。。。

 事務所に正式計時の結果をもらいに行く。2本目のベストは2分1秒台。やっぱりちょっとガスが濃くなり過ぎたようである。でもこの日のベストタイムは<b>2分0秒226!!</b>11月の走行会から見事に3秒短縮し、堂々の2分0秒台、目標達成である。やったーーーー!!!!

 走行後、奥野さんと話をしていると、1本目で後ろから見てもらった感想として、バックストレート前、アトウッドの回り方がアカンらしい。自分ではクリップを手前にとって、多少大きく回ってるつもりではあったが、もっと大回りしないとロスが大きいらしい。ああ、せめて2本目の走行前に言ってくれれば、、、と思ってももう遅い。アドバイスは次回以降のチャレンジに持ち越しすることにしよう。

 今回はなんにせよ、念願の2分0秒台を達成出来たことがなにより嬉しい。入念に調整してくれたサカイさん&川添さん、もう一度チャンスをくれた奥野さん、本当にありがとうございました。

 ちなみに、この日の晩はブルーノートへインコグニートのライブを見に行った。僕が待ち合わせに遅刻したので一人で並んでいた彼女は若干不機嫌そうであったが、僕が好タイムにあまりにも機嫌良くしているので、そのうち彼女の機嫌もなおったらしい。ライブはノリノリで、ブルーノートなのにみんな立って踊りまくり!!いやー楽しかった。

 というわけで、最高の1日を過ごすことが出来たのでした。これで2000年はもう思い残すことないね!!

 さて、このレポートも30回、TI走行会も10回を数えた。その間とっっっっっっても楽しかったけど、やっぱ借金も、かなり増えた(爆)。スパイダーを降りようとは、まだこれっぽっちも思わないけど、ぼちぼち金が続かないところまできてる。とりあえずは一区切りという感じかな。いまいち区切る自信ないけど(笑)。

 でも、次にサーキットを走るときは、いきなりは無理でも、ぼちぼち「勝ち」を意識して走ってみたいと思う今日この頃。JAF公認レースにも出てみたい。そのためには、、、ロールバーに、安全タンクに、キャッチタンクに、ボンピンに、キルスイッチに、消化器に、、、、さらに速く走ろうと思ったらハイカム、ハイコンプピストン、さらに面研、同時点火、軽量バッテリー、FRPボンネット、軽量15インチホイールに新しいタイヤ、、、あああ、また金が!!!(爆)だれかスポンサーになってください(笑)

IBackI Top Page I Next I