Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com

 


エンジンOH完成&ならし休暇


 3月にスパイダーをエンジンOHに出してから、酒井さんの言う「3月中」は無理としても、GWぐらいにはさすがに終わるやろう、と思っていた。いや、信じていた。前回5月のツーリングも、エンジンが生まれ変わったスパイダーで、るんるん気分で行くつもりだった。しかし、実際にエンジンのOHが終了してスパイダーが僕の手元に帰ってきたのは、その日から梅雨入りという6月2日のこと。ああ、1999年の春は、スパイダーに乗らないまま通り過ぎていってしまった。しかも、ヴェルディ店長の奥野さんには「やーい、やーい!!もう梅雨入りや。ざまーみろ。」とまで言われる始末。まさに踏んだり蹴ったりである(笑)。

 しかし、そんなことで落ち込んでいるわけにもいかない。なぜなら、6月20日にはTIサーキット走行会があり、もう申し込んでしまっているから。どうせサーキットを走るのであれば、やっぱり思い切り走らないと面白くない。ということはつまり、それまでに『ナラシ運転』を終わらせないといけないということである!!ナラシのやり方にもいろいろあるが、ほうぼうから情報収集した結果、今回は5速を使わずにちょっとずつ回転数のリミットをあげていく方法で3,000kmのナラシをすることにした。20日足らずで3,000km、、、むちゃである。ちなみに、購入後1年間での走行距離は(トリップメーターを信じるならば)約10,000km。普通に走れば2ヶ月以上かかる計算になる。

 というわけで、今年は特別年次休暇(1週間連続の休み)を早めに取ることにし、その間に一気にナラシを終わらせてしまおう、という作戦に出ることにした。ただ、一人で行ってもメチャクチャヒマヒマなのは目に見えている。特に最初のうちは80km/hぐらいしか出せないんだから。。。というわけで、飲み屋の女の子を誘ってみる。「スパイダーでアテのない旅に出ない?」「うん、いいよ」スパイダー様々である(笑)。

 6月3日は浜松にウナギを食べに行くことにした。もちろん日帰り。いつもなら箱根まで日帰りすることすらあるので、浜松なんてまあ余裕だろうと思っていたが、これがメチャクチャ甘かった。。。一緒に行く女の子は、飲み屋の子だけあって「夜の女」なので早起きを期待するのは無理というもの。夜飲みに誘って、そのまま出かけることにする。しかし、、、、、行けども行けども進んでいる気がしない。なんせ、ペースとしては、いつもの半分ぐらいなものだから(笑)、さんざん走って「え〜まだ栗東!?マジ!?!?」ってな感じである。朝の4時ぐらいに飲み屋を出発して、途中1時間ぐらい仮眠(御休憩じゃないですよ)したものの、浜松に着いたらすっかり昼だった(爆)。浜松で美味しいウナギ茶漬けを食べ、往路にかかった時間を考えるとあんまりゆっくりもしてられないので、早々に浜松を後にする。帰りは、多賀SAで給油の予定だったが、眠さのあまり、思いっきり通り過ぎてしまう。しょうがないので竜王で降りてガソリンを入れ、そこからは下道で帰ることにした。しかしOHしたてのエンジンに6月の気温は少々厳しく、信号待ちで止まっていると電動ファンを回しても水温があまり下がらない。いろいろ気にしつつも途中越で京都に入ろうとすると、かなり雨が降ってくる。屋根はもちろん開いてるので、ゆっくり走るとびしょ濡れになるが、飛ばすとたいして濡れないので、前を走るアウディを煽りながら飛ばす飛ばす。OHしたエンジンは、3000回転以下でも結構なトルクを発生してくれるので、とっても走りやすかった。そんな感じで、ナカムラさんちへ寄ってコーヒーを頂いたりして、この日は無事に帰れました。既に700km走ったので、ヴェルディへ行ってオイル交換しておしまい。
 
 6月4日は僕の誕生日。前日浜松まで付き合ってくれた女の子と一緒に今日もナラシ運転の旅・・・・のはずが、前日の疲れからか女の子は風邪引いて高熱を出してしまった(爆)。しょうがないので、お見舞いの花束だけ届けて、今日は一人旅。前日かなり距離を稼いだので、この日はちょっと近場、淡路島まで行くことにした。本当は、話題のアルファビアとかにも行きたかったけど、一人で行ってもなんだかな〜って感じだったので、津名の街をぐるっと一周して帰ってくることにした。帰り道、明石海峡大橋を渡るときにちょうど夕焼けが良い感じで、おもわず叫んでしまった(笑)。山陽道に戻り、「あ〜あ、今日は誕生日なのに、ロンリーナイトやな〜」と思っていると、飲み友達の女の子から久しぶりに電話がかかってきた。「誕生日おめでとう。ヒマなら飲みに行こうよ!!」というお誘い。捨てる神あれば拾う神ありとは、まさにこのこと(笑)。ミナミで待ち合わせして飲みに行く。この子は「最近モデルをしている」、ということで、誕生日プレゼントはカメラマンさんにプライベートで撮ってもらったヌード写真(爆)。嬉しかったけど「蛇の生殺し」もええとこやんけ!!とツッコミ入れたら「蛇印のクルマに乗ってるんだから、本望じゃない?」だってさ・・・・トホホ。

 6月5日は、前日飲みに行った女の子と、またもや飲みに行った勢いで、そのままナラシの旅に出る。この子は、さすがに元新地勤めだけあって話が面白いので、ずーっと喋りながら、走って走って走って走りまくった。中国道から浜田道へ入り日本海へ出て、そこから一般道で山口へ周り、徳山から山陽道に乗って帰ってきた。1昼夜以上走って帰ってきたら、もうすっかり朝でした。女の子を家に送って、自分も家に帰ってバタンキューでした。日本海の夕焼けは綺麗だったなあ。。。


 6月6日は夕方近い時間からフラフラと一人で出発。最初は東京の友達のところへ行くつもりだった。でも東名自動車道は浜松へ行くときに通ったので、中央自動車道に入る。駒ヶ岳の脇を通りながら「空が綺麗だな〜」と走っていると、「長野」の看板がある。オリンピックの時に道が出来て綺麗になったとも聞くので、予定変更、長野へ行ってソバを食べることにする。長野でソバを食べて再び高速に乗り、SAの地図を見ながらどうやって帰ろうか考える。どうにも考えがまとまらないので、クラブの友達に電話してみる。すると、この日エビスのAR-CUPに出場していたメンバーが丁度今帰りだという情報をゲット。彼等は東京を迂回して関越〜北陸周りで帰阪するとのこと。じゃあ北陸道のどこかで合流できるやん!!ということで、帰りのルートは北陸道まわりに決定。電話で連絡を取り合いながらふじさわくん、しょうきさんの乗るスパイダーと合流。帰り道、また雨が降ってきて、「飛ばせば大丈夫」と意地をはってみるも、今回の雨はハンパじゃない。ついに観念してPAへ寄り、幌をしめた。その後もすごい雨で、トラックを追い越すのは難儀だったけど、おかげで眠くはならなかった。途中、ナラシ目標の3,000kmをクリアしたので5速を使いだす。やっぱ5速はいいねー速いねー。あっという間に自宅にたどりついた。

 結局、4日間で3,200km。我ながら数字にもビックリするけど、その数字から想像するほどの苦行ではなく、むしろ「いろいろあって楽しかった」というのが、感想かな。もう1回やろうとは思わないけど、2度と出来ない旅の連続。スパイダーとの良い思い出が、たくさん出来たのでした。


 
IBackI Top Page I Next I