Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com

 


ジュリア大流行


 年末に結成したクラブのメンバーと飲み会を重ねるうち、だんだん「いつもの飲みメンバー」が確立してくるようになった。「いつもの」場所は、京都のナカムラさんちなので、ナカムラさんは当然として、まるさん@155ts、高谷さん@現行GTV、たけたけくん@145、ふじさわくん@現行スパイダー、tonkoさん、なっちゃん、それに僕といった感じで、ジュリアに乗るのはナカムラさんと僕だけ、その他はモダンアルファ勢が多数、という内容でした。この頃までは。。。


 ある日、高谷さんが「今のGTVは確かに速いんだけど、普通に一般道や高速を走っているだけでは面白くない。前に乗ってた155ts8vの方が、まだいくらか刺激的だった。でも将来的にはやっぱりジュリアシリーズが欲しい。」と言い出した。彼のGTVはラガッツェ製の超爆音マフラーだし、足周り、ブレーキなど市販のパーツで触れるところは全部触っていると言っても過言ではない仕様。それで「刺激が足りない」っていうんだから、車を乗り換えた方が良いでしょう。僕は「ジュリアみたいな穀潰しな車に乗るのなら、結婚してからだと嫁さんの説得が大変だよ?」という程度のアドヴァイスはしておいたけど、ナカムラさんのアドヴァイスはもうちょっと、いや、随分押しが強かったようで、「2〜3年後までにはジュリア」と言っていた高谷さんは、1日後には「2〜3日後にはジュリア」な人になってしまった。なんでそんなにコロッと変わんねん!!と心でツッコミを入れつつも、新しいジュリア仲間の誕生は嬉しいので、黙っておくことにした(笑)。


 また、高谷さんのGTVの爆音を聞いて自分のスパイダーにも同じマフラーを入れてしまうほどの負けず嫌いである藤澤くんが、この話を聞いて黙っているはずがありません(笑)。最初は1750GTVとか段付きとかのクーペシリーズで迷っていたようだけど、「オープンエアの気持ちよさは捨てがたい」らしく、スパイダーにすることになったみたい。ただし彼の場合は、そんなにすぐにとは考えていなかったようなのですが、折り悪く(?)出物はあるもので、シリーズ2とシリーズ3の過渡期のモデルでワンオーナー、しっかりした状態のスパイダーが見つかったので、これを購入することになりました。購入に当たっては、いろいろスッタモンダがあったみたいだけど、それはここではナイショ。


 んで、いつもマイペースなたけたけくんは、実はずーっと前から105系のスパイダーが欲しい人だったんだけど、ある日僕のスパイダーの助手席に乗って高速を走ったとき、「この風の巻き込みに目が耐えられない」ということで、スパイダーをあきらめ、クーペを探していたみたい。最初は段付きが希望だったんだけど、どうしても人気車種ということで割高になるし、1750GTVなら価格面、楽しさで納得がいく、ということで、程度中の中、ただしボディはオッケーな1750GTVを個人売買(正確にはショップの委託販売)で購入した。


 というわけで、偶然なのか、はたまたつられてなのか、勢いなのか、よくわからないけど、とりあえず3人がほとんど同時にモダンアルファからジュリア系へ乗り換えた。ちょっと不安だったのは、ナカムラさんも僕もアホゥだから、少々のトラブルはトラブルに思わない神経の持ち主だけど、みんなは大丈夫なのかな?っていうこと。さらにナカムラさんも僕も旧い車はジュリアが初めてじゃあないけど、彼等は思いっきり初めてだし、そんな勢いで買ってしまってええんかいな、、、と、それも不安に思った。でも、最初は誰でも初めてだし、昔の人は平気でこういう車に乗ってたんだし(それもジュリアは当時では結構高級車)、彼等もたぶんアホゥだから、きっと大丈夫でしょ、ということで、これまでとはまた一味違う、彼等との付き合いがはじまった。

 ちなみに155のまるさんは、後日、奥さんを説得してシリーズ2後期型のスパイダーを買わせた。。。お主もワルよのお〜(笑)。


IBackI Top Page I Next I