Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com





その1「買っちゃった!」


そもそもペーパードライバー暦5年の私「クリヤマ」が、どうして「ぱんだ」ちゃんを買ってしまったのか?

考えてみれば、不思議よねぇ。しかも左ハンドル・マニュアル車なんてさ。
車は前からほしかったんだけど、買うまでに至らなかった。
神戸じゃ車なくっても生活できるしね。そんな私がどうしてぱんだちゃんを買ったのか?。
う〜ん、、、きっかけは彼かなぁ。

彼(けんちゃん)
けんちゃんは車が大好きだ。しかも運転がとても楽しそう。
けんちゃんとのお出かけは、ほとんど車。当然運転は彼任せ。
でもね、私も運転できたらもっと遠くまで行けるのになーっ。
そう思ったら、車を買おう!と決心してしまった。
(ま、それ以外にもいろいろ理由があるけど略)

けんちゃんの車は左ハンドルのMT車なので私もその形のつもりで。
で、で、で、車種なんだけど、最初はトゥインゴがいいなって思った。
まるくって、かわいいし。と思ってたけど、ずぅっと見てたらホンダのトゥディに見えてきてしまった。そう見えちゃったら、それにしか見えなくって…×。

それからいろいろ考えて、プジョーの205かパンダに絞り込んだ。
ある車屋で205を見せてもらったけど、そこのエンジニアはあんまりオススメじゃなかった。それもそのハズ、その人はパンダに乗っていたのだ。
私がパンダもいいなって思っているって言ったら、その人が自分のパンダに乗せてくれた。これが初めて間近でみたパンダだった。

車は「びゅーん」って感じで走る。なにより運転している本人が楽しんでいるのが印象的だった。運転中でもとっても夢中になってパンダのこと話すんだもん
(けんちゃんの戦略?)
今思えば、私はけんちゃんの戦略にまんまとはまってしまったような気がする。(けんちゃんの友達からもそう言われるから、きっとそうなんでしょう)

初めてパンダを意識したのは、けんちゃんと和歌山に遊びに行っている時だった。私たちの乗っている155の前をパンダが走っていて、けんちゃんがパンダの話を楽しそうにしていた。

私の印象…「タイヤ細いネ」。


それから、私が「買いたい」って言った後の行動が早かった。。。
けんちゃんの車のクラブのホームページでパンダ情報あつめているし、奥野さんや、その他の知人にも聞いているし。。。私にもパンダのホームページを見つけては、アドレスを転送してくれるし。その頃は私も「よく考えてくれる」とか
「マメな人」とかとても幸せな気持ちでいたのに、どうやら実は本人がほしかったらしいのね。あ〜ぁ、勘違い、、、
でもおかげで早くにいい車が見つかったよ。ありがとね、けんちゃん。


(奥野さん)
けんちゃんが奥野さんにメールした翌日か翌々日に奥野さんからけんちゃんにパンダの写真つきメールがとどき、それが私にまわってきた。

けんちゃんと「今度ヴェルディに行ったらパンダあったりして」と話して、
果たしてヴェルディに行くと、ホントにあった。。。
けんちゃん運転で乗ってみる。(だってペーパーだもん)
けんちゃんはブレーキが効かないって言ってた。クリヤマ、ちょい不安。
奥野さん曰く、「パンダは壊れない。壊れてもとっても単純なところ」らしい。

(知人その1)
ヴェルディでの試乗後、知人宅にてパンダのいいところ悪いところを聞きに行く。ま、だいたいいい話だったんだけどね。会う人みんな「パンダは楽しいよ〜」
と言う。(これもけんちゃんの戦略なのか?)
このあたりで私の気持ちも半分くらい固まる。


それから2〜3日考えた。すぐには決断できないよね。だってペーパーだし。
車持つのって、ちょっと覚悟がいるなって思ってたし。安い車だけど、通常の買い物よりは断然高いしね。事故なんかもあるし。
でもでも、あきらめられなくって、買うことにしたの。へへへ

翌週、奥野さんに買う意向を伝えて、それからパンダのお金を払った。
「やった!!!自分の車だっ!!」とそれはそれは喜んだ。
もうウチにぱんだちゃんがいるような気がして、どこに行こう???なーんて
幸せな気持ちでいっぱいだった。月も5月でいい季節だし。
でもね、ここから納車までに一ヶ月以上かかってしまったのだ。。。


第1話、とりあえず終わり。


BACK NEXT