Blog

User

Event

TEL:
072-727-3800

E-mail:
info@verdy.com



2.<155Q4の購入>

 220クーペにも飽き始めた98年2月に次の車探しが始まったのであった。
この時、候補車としては当時(今も?)人気のあったボルボ850であった。
ボルボを物色し始めても、なかなか購入までには至らなかった。

理由は、

@自分で運転したいと思わせない車(助手席でも十分と思ってしまう)
A街中にボルボが氾濫し、人とはちょっと違う車に乗りたいという欲求は満たされない
Bなんといっても予算が足りなかった
Cディーラーの人の接客態度がどうも気に入らなかった

等々であった。

神戸に住んでいた頃近くによく止めてあったルノーアルピーヌV6ターボも気になる車の1台であった。が、どこで売っているかもわからない。
某雑誌に掲載されているような欧州車の中古車屋はどうも不安がある。
やはりディーラーか顔なじみの店でないと先々のトラブル対応に関しては相手にされない可能性があるため諦めた。

また、以前からあこがれていたランチャデルタはとっても高い!ということであえなく却下。。。
(結局Q4を購入したので、金額的にはEVOTあたりだったら無理したら購入できたかもしれませんね)

そうこうしている時、ふと頭に浮かんだ車があった。
そう、アルファロメオ155である。
それまで、街中で何度となく155を見かけているが印象は決していいものではなく『なんか嫌みなくるまだなぁ〜』というのが実感であった。しかし、なんとなくいかついマスクや、とってもボリュームのあるヒップなど、これぞ個性的というようなデザインが何回となく見かけるうちにだんだんと気になりだしたのだから不思議である。

155が気にいったといっても、もともと根っからのアルフィスタではなかったおいらだから155以外に、アルファロメオといってもほかには164ぐらいしか知らなかったのである。
スキーが大好きなおいらは4駆であるということとこれまた大好きなランチャデルタのエンジンをデチューンしたエンジンを載せているということでQ4を探すことになった。(アルフィスタの方にとってみればなんという不純な動機なんだろうと思ってるでしょうね(笑))

そしてQ4を探そうと思って雑誌などで調べてみると結構高い(笑)。
それになかなか中古が出ていない。
まぁ、とりあえずはディーラーに1回行って中古で入ってくる可能性があるかを聞いてみることにした。

おいら:   『155Q4なんですけど、どれぐらいの頻度で入ってきます?』
ディーラー: 『今、あるよ。』
おいら:   『えっ。。』

そうなんです。いきなりあったんです。
それも‘96のワイドボディーのQ4が。
で、いきなり買っちゃった(笑)。

105系等のちょっと古目のアルファロメオが好きな方々の中には、モダンアルファである『155』、しかもランチャ・デルタのエンジンをデチューンしたものが積まれているQ4というのは受け入れがたいという意見もあると思います。しかしおいらは、手放してしまった今でも大好きな車に変わりはありません。

将来、金銭的余裕ができた時に買い戻してイチナナとの2台を手許に置いておきたいと思ってます。



  I BACK I NEXT I